夏太りの解決策

少し動いただけで汗をかく、暑さのせいで食欲が落ちる…
普通に生活しているだけで痩せそうな季節ですが、実は太るリスクの方が高いことをご存知でしょうか?

★基礎代謝の低下
私たちの体は、暑くても寒くても常に36~37℃に保っています。
体温と外気の温度差があればあるほどカロリーの消費量や基礎代謝量が増加します。夏は気温が高いので温度調節するエネルギーがあまり消費されず、冬に比べると10%程度も基礎代謝が減ってしまいます。
また、気温の暑さから冷たい食べ物や飲み物を多く摂取してしまいがちですが、冷たいもので内臓が冷え、血液循環が悪くなってしまいます。冷えた部分には脂肪もつきやすくなるため夏太りとなる悪循環になります。

★汗
汗をかくとカロリーを消費していると思いがちですが、暑さで出る汗は体温調節のためのものです。毛穴から水分を出して身体の表面を外気で冷やそうとしているだけで、ほとんどカロリーは消費されていません。

体温調節の汗はかけばかくほど太りやすくなります。発汗すると、脂肪の代謝を促すビタミンB1、B2、B6、ミネラルの栄養素が失われてしまいます。
特にビタミンB群は、水に溶けやすく身体に蓄積されにくい水溶性ビタミンと呼ばれ、汗や尿で簡単に流れ出てしまいます。
運動を伴わない汗をかくほど、糖質、脂質、タンパク質といった栄養素を、ただの脂肪として溜め込んでしまう体質になってしまうのです。

★食べる量
絶食はむしろ逆効果!?カロリーを摂らなければ、多少体重は減少します。
問題は、絶食明けです。人間の身体は餓死状態に置かれることで、エネルギー吸収効率を最大化する働きが起こります。なので、少量の食事を摂取しただけでも普段の摂取エネルギー量を軽くオーバーしてしまいます。

夏バテで食欲がない、何か食べなくてはと、冷たい麺類やパン類ばかり摂取していると、いくら小食でも炭水化物ばかりでは身体の代謝が追いつかなくなります。夏太りになった人は『そんなに食べてないのに太った』という方が多いですが、それは栄養の偏りで代謝低下に拍車がかかったからなのです。

日頃から規則正しい生活、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

【夏太りの解消方法】
・湯舟につかる
半身浴や少しぬるめの温度(38~39℃)でもいいのでゆっくりとつかりましょう。
また、足湯もオススメです。40℃前後のお湯を足首がつかるくらいまで入り、15~20分ほどで湯舟につかって身体を温めたのと同等の効果があります。

・生活リズムを整える
睡眠不足になると、食欲刺激ホルモンが促進されると同時に食欲抑制ホルモンが抑制されるため、暴飲暴食をしやすくなります。

・冷たい飲み物を飲みすぎない
冷えた部分は脂肪がつきやすくするので、なるべく常温以上の飲み物を飲むようにしましょう。

・バランスの良い食事を心がける
夏が旬の野菜を取り入れるのもオススメです。夏野菜(ナス、きゅうり、トマト、オクラ、ニラ、トウモロコシ、レタス)は、体の熱をとってくれる働きがあります。なので食べ過ぎには注意して下さい。



▼夏太り解消効果が期待できる食材▼

◎体を温める効果がある食材
ブロッコリー、大根、カブ、ニンジン、生姜や唐辛子などのスパイス類

◎脂質の代謝を促してくれるビタミンB群が豊富な食材
ビタミンB1⇒豚肉、うなぎ、玄米など
ビタミンB2⇒納豆、レバー、たまごなど
ビタミンB6⇒マグロ、唐辛子、にんにくなど

◎むくみ予防に期待できるカリウムが豊富な食材
納豆などの大豆製品、バナナ、アボカド、ニラ、にんにくなど



夏太りの原因は、夏についやってしまいがちな事によって引き起こされています。
季節に関係なく、規則正しい生活を習慣づけしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP