日焼けしてもできるフェイシャル

こんにちは、店長の小室です。

夏前までは冷夏と言われていましたが、夏本番になると一転!

8月17日は柏市でも最高気温38度を記録し、冷夏とは何だったのか、それとも温暖化の影響なのか、少し心配になったりもします。

暑い日につきものなのが紫外線です。

SPF+50の日焼け止めを塗っていても、直射日光を浴びていると結構焼けてしまいます。

今年は日傘を指すようにしていますが、お休みの日、長い時間外にいるとやはり焼けてしまいます。

特にお顔は敏感な部分なのか、黒く日焼けし、お肌が乾燥しやすく、肌荒れや将来的なシミにも繋がってしまいます。

日焼けしてしまうのはしょうがないですから、その後の対策をすることがお肌にとってとっても大切なことです。

日焼けは軽いやけどと同じで炎症をしてしまっている状態です。この時間が長ければ長いほどお肌に負担となって、肌荒れの原因になり、場合によってはシミとして残ってしまいます。

なるべく早く冷やす

軽いやけどの状態ですから、 洗顔や冷水をスプレーなどすることで 即座に冷やすことでダメージを大幅に軽減が出来ます。その時摩擦をなるべく加えずにやることが大切です。

保湿をする

日焼けをするとお肌が乾燥した状態になりますので、日焼け用ジェルや化粧水をこまめに塗ることでダメージを減らせます。また、お肌はダメージを受けているのでパッティングはなるべく減らし軽めにやるようにしましょう。

当店のフェイシャルは日焼け後もできます

日焼けした後、マシーンを使ったフェイシャルはできないと思ってらっしゃる方も多いですが、Salon de OZのフェイシャルは日焼けした後の焼けたお肌にも施術することができます。

日焼け対策は少しでも早く、丁寧にやることが大切です。

BBLや光フェイシャルなどは日焼け後のケアに使うにもとってもおすすめな施術です。

これからの季節に向けて体験メニューもご用意しておりますので、是非ご利用下さい。

是非この機会にSalon de OZのフェイシャルメニューをご体験ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP