湯舟につかると得られる効果☆

湯舟につかるだけで、たくさんの美容効果があります。
湯舟に入ったあとに体を洗うことで毛穴につまった汚れなども落ちやすくなります。体臭も抑制してくれたりといいことばかりです。

▼温熱効果
温かいお湯につかると、体が温かくなり、血管が拡張して血液循環が良くなります。
それによって酸素や栄養分が体の隅々まで運ばれ、体の中の老廃物が汗と一緒に排出されて新陳代謝が高まります。

【熱めのお湯(42℃以上)】
交感神経を刺激して心身を活動的にします。

【ぬるめのお湯(39℃以下)】
副交感神経を刺激して心身を落ち着かせます。

寝る前に熱いお湯での入浴は寝つきを悪くさせてしまうので注意しましょう。
体温が下がるときに眠りにつくとぐっすり眠れると言われています。39℃くらいのお湯にゆっくりとつかるとリラックスできるだけでなく、眠りにつきやすい状態になります。

▼水圧効果
湯舟に入ると全身に水圧がかかり、筋肉をほぐしたり血液やリンパの流れをよくしたりするマッサージ効果があります。細胞の働きが活性化され、毛穴が開き、お肌がキレイになります。また、水圧がかかる事によるダイエット効果も期待できます。むくみ解消にも効果的です。

お風呂に入る前にお水を一杯飲むと、デトックス効果でさらに美肌◎

▼浮力効果
お風呂に入ると浮力で内臓なども重力から解放されます。お母さんのお腹の中にいた時の体内感覚に似ているため、リラックスできると同時にストレス解消にもつながります。

ちなみに、人間の体は体温が1℃下がると、基礎代謝や免疫機能が下がり、体内酵素の働きが鈍くなり、肥満、感染症などさまざまな不調や病気を引き起こすと考えられています。

顔が汗ばんできたら、体が十分に温まったサインです。
40℃前後なら10~15分、42℃以上のお湯なら10分以内。それ以上頑張ろうとすると、体に負担をかけてしまうことも。
30分以上の入浴はお肌の保湿成分となる油分がほとんどなくなり、乾燥の原因になります。

入浴時間は長くても20分くらい◎

★さらに免疫力もアップ!
38℃以下の熱で体調が悪くなければ、40℃前後の入浴で回復が早まる効果があります。体内温度が上がることで免疫機能が上がり、蒸気が鼻や喉の粘膜についたウイルスを弱らせ、症状を緩和してくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP