秋はダイエットに最適です!

食欲の秋と言われるだけあって、秋は太りやすいイメージですが、気温が下がると、体温を維持するために、基礎代謝がアップする時期でもあります。

秋に太りやすくなる原因

夏バテで落ちた体力や栄養を回復するために、身体が食べ物を欲します。そして、いきなり食べる量が増えると、餓死状態に陥っている身体が余った栄養素を脂肪として蓄えるため、体重が増加します

◎秋から日照時間が減り、日にあたる時間が短くなると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンという脳内の神経伝達物質の分泌が減少するといわれています。
このセロトニンは、食欲にも深く関わっていて、セロトニン不足に陥ると、気持ちが安定せず、脳がすぐに満足感を得られるものを求めるため、甘いものなど美味しい食べ物を欲します。
そのため、今までより甘いものが食べたくなったらセロトニン不足を疑ってください!

◎秋には、秋の味覚といわれる魅力的な食べ物がたくさんあります。
新米、秋刀魚、さつまいも、栗、かぼちゃ、柿など。秋に旬をむかえる食材は、カロリーや糖質が高いものが多いのです。
動物の本能として、冬に備えるように栄養をためこむ習性もあるので、これらの食材の食べ過ぎには注意しましょう。


秋太りを防ぐ方法。

◎早寝早起き
日に当たる時間を意識的に増やしましょう。

早寝早起きには質の良い睡眠が大切です。
・起きたら朝日を浴びる
・夕食にたんぱく質を摂る
・寝る三時間前には夕食をすませる
・入浴後、二時間以内に寝る

質の良い睡眠には、ダイエット効果があるといわれています。
寝ている間に、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは脂肪燃焼を促したり、筋肉を成長させる働きがあります。
つまり、質の良い睡眠で早起きをすることで、食欲を安定させつつ、体型維持もできるのです。

◎太りやすいことを意識した食生活を心がける。
温かいものをとるようにして、体が冷えないようにする。

きのこ』でダイエット効果を高める。
きのこは、低カロリーで食物繊維が豊富です。さらに、きのこに含まれるキノコキトサンという成分は、脂質の吸収を抑え、既に体内に蓄積した脂肪を分解し排出する効果もあるので、ダイエットをサポートしてくれます。

◎スポーツの秋
秋は基礎代謝がアップする時期です。
気温や湿度が下がるため、スポーツをするにも快適な季節なので、いつもより歩く量を増やしてみたり、なるべく階段を使ったり、体を動かす機会を増やすことで、ダイエット効果がでやすくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP